東京散歩・東京散策
聖路加国際病院トイスラー記念館
中央区明石町十番地
 昭和八年、トイスラー記念館は隅田川畔の明石町十九番地に聖路加国際病院の宣教師館
として建設されました。
 設計者は米国人建築家のJ・V・W・バーガミニィーで、施行は清水組(現在の清水建
設株式会社)が行いました。建物の躯体は、昭和初期の住宅建築には珍しい鉄筋コンクリ
ート造り一部木造の二階建てで、ヨーロッパの山荘を思わせる重厚な風格のある建物でし
た。
 平成元年に解体工事が行われ、平成十年二月に現在地へと移築復元されました。復元に
あたり、創建当時の施工技術や構造上の特徴を精密に記録し、再利用可能な部材をできる
限り用いています。
 外観は、外部に柱や梁を表現したハーフティンバー風の意匠です。室内はチューダー・
ゴシック風のデザインで、玄関ホールやリビングなどに重厚な木の内装がみられます。
 この建物は、聖路加国際病院の歴史を物語るとともに、築地居留地時代から引き継がれ
てきた明石町の歴史の一端を伝える貴重な文化財です。
いい東京・TOP

東京100景・TOP

都選定歴史的建造物

東京の庭園

聖路加国際病院・TOP
いい東京ドットコム